--------------------
◆ コミックチャージと探偵事務所の話

--------------------

「そうそう。今回はハードボイルドでいきますですよ。酒飲みますよ。タバコも吸いますよ。」
「それだけでハードボイルドかよっ!?」
(挨拶

今日の一言は、ダブルクロスThe2ndEdition「闇に降る雪 -Queen of Blue-」より、上月永斗のキャラクタ設定を一言で表した田中天先生の超台詞。
なんだ、ハードボイルドなんてたったそれだけでいいんだね!
ハードボイルドと言えば探偵、探偵と言えばハードボイルド。そんなわけで今回はそれに関した話でも。


角川書店からコミックチャージという青年向けマンガ雑誌が創刊されたというので、日付をまたいだ直後に近所のコンビニへ。
入荷が一番早かったローソンで早速チャージ誌を購入。(わざわざ店員さんに梱包を解いてもらった)
どんな作品があるのかな?と適当にペラペラめくりつつ、「こちら がむしゅー探偵事務所!」(漫画:陽香/原作:江島一二三)をとりあえず読んでみることにした。





コミックチャージ誌の公式サイトから、紹介文を引用する。
セクシー探偵がすべて見せます!
こちら がむしゅー探偵事務所!

漫画:陽香
原作:江島一二三

知恵と色気を武器に事件を解決! 私立探偵事務所のミーハー女所長と、惚れた弱みで助手に甘んじている探偵が主人公。業界の人間しか知らない裏話や、修羅場の実際など興味をそそるエピソード満載。
ということらしい。
実は作画の陽香きよかさんという方はよく知らないのだが、ググってみたところ、結構な数がヒットした。

ちなみに原作者の方は、マイミク(mixi上での友人)である。一応。
所詮チャット上の付き合いではあるが(一応リアルでお会いしたこともある)、どうせなら応援してみようと思う。
mixi上にファンコミュニティも作っちゃったし!

肝心の内容についてだが、絵も綺麗だし、ストーリーもなかなか面白い。
良い意味での懐かしさ、いわゆるお約束的な展開が心地良い。
探偵を題材とした作品は数多とあるが、コメディの中にもちゃんとしたリアリティを感じさせられるのは良い作品の証か。
ふと、ギャグの中にも堅実な舞台設定を織り込んだ、Dr.モロー氏の「賽の目繁盛記」なんかを思い出す。
とはいえまだ第1話、今後どのようになるかは見当もつかない。


そういえば、話に聞くと、今まで角川は30代~40代くらいの男性を対象としたコミック雑誌を発行していなかったらしい。
大手出版社である角川グループが……と意外な事実ではあるが、確かに聞いたことが無い。オタク向け雑誌は多いので、自分たちには馴染み深いが。
競合他社の多い中、わざわざ新創刊ということで、出版社側も結構力を入れているのかもしれない。
先日の女性誌連続創刊(Ane Can等)もあるし、出版業界も少しずつ厳冬を超えているのだろうか?
[PR]
R.F.D. | by odprfd | 2007-03-20 20:52 | 批評&感想

--------------------

<< ナイト・ウィザード 第2版!の噂話 | キツネの郵便屋さん >>