人気ブログランキング |

--------------------
◆ ちょっと気になったミサ曲のメモ

--------------------

以下はミサ曲に関するメモである。


カトリックのミサで用いられるフレーズには、その時々によって変わるものと変わらないものがある。
前者を固有文( Proprium )、後者を通常文( Ordinarium )と呼ぶ。
ミサ曲は、その通常文に(統一性を持たせた上で)作曲されたもの。

ミサ曲は基本的に

  1. キリエ Kyrie (憐れみの賛歌)

  2. グローリア Gloria (栄光の賛歌)

  3. クレド Credo (信仰宣言)

  4. サンクトゥス Sanctus (感謝の賛歌)

  5. アニュス・デイ Agnus Dei (平和の賛歌)
の5曲から構成される。
ただし、プロテスタントでは「キリエ」と「グローリア」のみの省略型も好まれるとか。
実際には、これに固有文が追加されて用いられたりする。


◆キリエ
Kyrie eleison.  (主よ、あわれみたまえ。)
Christe eleison.  (キリストよ、あわれみたまえ。)
Kyrie eleison.  (主よ、あわれみたまえ。)
実際には各行3回ずつ繰り返して言うらしい。
キリエ・エレイソン、キリエ・エレイソン、キリエ・エレイソン。
クリステ・エレイソン、クリステ・エレイソン、クリステ・エレイソン。
キリエ・エレイソン、キリエ・エレイソン、キリエ・エレイソン。
……こんな感じ?
ちなみに何故か「キリエ」だけはギリシャ語で、あとはラテン語らしい


◆グローリア
Gloria in excelsis deo. (天には神に栄光、)
Et in terra pax hominibus bonae voluntatis. (地には善意の人々に平和あれ)
この後いろいろ続く。
冒頭文は「ルカによる福音書」より。

◆クレド
Credo in unum deum, patrem omnipotentem. 
(我は信ず、唯一の神、全能の父)
やっぱり長いので割愛。
Credoとはラテン語で「信じる」という意味。

◆サンクトゥス
Sanctus, Sanctus, Sanctus Dominus Deus Sabaoth. (聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の神なる主。)
Pleni sunt caeli et terra gloria tua. (主の栄光は天地にみつ。)
Hosanna in excelsis. (天のいと高きところにホザンナ。)
「聖なるカナ、聖なるカナ、聖なるカナ?」
「3回言うな。」

◆アニュス・デイ
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: miserere nobis. (神の小羊、世の罪を除きたもう主よ、われらをあわれみたまえ。)
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: dona nobis pacem.   (神の小羊、世の罪を除きたもう主よ、われらに平安を与えたまえ。)



参考資料はこのあたり。
Wikipedia
SoundPie
R.F.D. | by odprfd | 2005-09-01 23:20 | 日記

--------------------

<< コンベンション行ってきました | ナイトウィザード第6期 ロスト... >>