--------------------
降臨きゅぴぃ~ん!な話

--------------------

舞踊れ! 桜花千爛の花吹雪!(挨拶

先日クリアした、ニンテンドーDS向けのRPG「テイルズオブハーツ(TOH)」。
ヒロインの格闘少女コハク・ハーツ(C/V井上麻里奈)が必殺技「殺劇舞荒拳」を使った時の台詞である。

今回のエントリは、このTOHの感想などを。ただしネタバレは少なめ。
前エントリに引き続き、2連続でテイルズなのは多分気のせい。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2009-03-13 09:39 | 批評&感想

--------------------

--------------------
荒れ狂う殺劇の宴!な話

--------------------

「ヤローてめーぶっ殺ーす!」(挨拶

少し前からちまちまと遊んでいたPS2のRPG「テイルズ オブ ジ アビス(TOA)」を先日ようやくクリア。

クリアタイムを見たら実に80時間以上が経過。シリーズ10周年記念ということか結構なボリュームだった。
1周目で取りこぼしてしまっていたり、2周目以降でしか出現しないイベントやスキルもチラホラあるようだが、とりあえず再プレイの予定は無し。


さて、今日の一言および記事タイトルは、どちらもこのTOAに登場するアニス・タトリン(C/Vモモーイ)という少女の台詞。
巨大なぬいぐるみで、敵をぼっこぼこにする必殺技。それが彼女の必殺技「殺劇舞荒拳」である。
基本的には「荒れ狂う殺劇の宴……殺劇舞荒拳」という台詞なのだが、特定の条件を満たすともう一方(裏バージョン)になるというもの。
ただ自分の場合は、普段のパーティ構成の都合上、裏バージョンばかり聞くハメになっていたのだが。

ということで、TOAを終えての感想でも。
以前にも「(奈落(アビス)、始めました。」というタイトルで記事を書いたので、それとは少し違う方向で。
ネタバレは特に無し、システムなどについて気付いたことが中心。あとはTOAネタのお絵描きとか。
批評をしようという大層なものではなく(新作ならともかく)、今後の参考にするためのメモといったところ。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2008-10-12 17:56 | 批評&感想

--------------------

--------------------
OD TOOL for TRPG ver 08/08/07

--------------------

「お金なんてなくても死にはしません!」
「金が無いと、命があっても、魂が死ぬんだよ!(笑)」

「ちょっと、名言っぽかったな、今の。」
(挨拶


冒頭の会話は、TRPG「ソード・ワールド2.0」のリプレイ「新米女神の勇者たち」より、委員長タイプの神官エアの主張に対してすかさず反論する元商人のムーテスと、そしてそれを見守る主人公・ジークの冷静な感想である。


さて、今回は「OD TOOL for TRPG」の久々の更新(2008/08/07版)についてでも。
このOD TOOL for TRPGは、Psychs氏によるIRCクライアント「LimeChatのマクロとして動作するプラグインソフトウェアである。
TRPGをIRC上で遊ぶのに必要な幾つかのツールを提供している。

更新履歴によれば、前回の更新が2006年5月だから、実に2年3ヶ月ぶりだ。
ここ数回は内部処理の変更やバグ修正ばかりだったので、目に見える更新としては2005年11月以来となる。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2008-08-07 15:59 | TRPG支援ツール

--------------------

--------------------
鉄槌の騎士と夜闇の魔法使い

--------------------

受け止めるバリア系、弾いて逸らすシールド系、身にまとって自分を守るフィールド系。
この3種を使いこなしつつ、ぽんぽん吹っ飛ばされねぇように下半身の踏ん張りとマッハキャリバーの使いこなしを身に付けろ。
(挨拶


冒頭の文章は、魔法少女リリカルなのはStrikerS第6話「進展」より、戦闘訓練の際にヴィータ副隊長が新人のスバルに言った台詞。
3つに分類された防御スタイル(漫画版ではこれらに物理装甲による防御を加え4種類あると説明されている)は、例えは悪いがなかなかゲーム的で、自分のようなTRPGファンはニヤリとさせられる。
今度TRPGのキャラを組むときに、イメージソースとして借用するのも悪くないかもしれない。

さて、実に4ヵ月半ぶりのエントリである。
前回の記事は3月5日、ロールプレイング・ゲーム(RPG)の発明者であるゲイリー・ガイギャックスの訃報について述べたものなのだから驚きだ。
偉大なる父を亡くしてから、もうそんなに時間が経ってしまったとは。

というわけで、これら2つを踏まえ、この間に溜めておいたネタ写真やイラストなんかをちょっと公開してみよう。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2008-07-22 14:39 | ゲーム

--------------------

--------------------
全てのRPGの父、亡くなる

--------------------

ロールプレーイングゲーム 【role-playing game】
ゲームの一種。プレーヤーがゲームの世界の中で,ある人物の役割を演じ,さまざまな経験を通して成長していく過程を楽しみながら,目的を達成していくもの。RPG。
(「goo辞書」より)



挨拶は程々に、今日は1つニュースでも取り上げてみる。

CNN.com - Gary Gygax, Dungeons & Dragons creator, dies(英語)

記事は英語だが、RPGに詳しい人ならタイトルを見ただけで理解してくれると思う。
世界初のRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のゲームデザイナーにして全てのRPGの父、ゲイリー・ガイギャックスが亡くなられた、というニュースである。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2008-03-05 11:30 | ゲーム

--------------------

--------------------
ロンギヌスと夜闇の魔法使い

--------------------

「何よこの変態! ド変態! 超☆変態!」(挨拶


今日のフレーズは、昨年末にTVアニメ版も無事に終了した現代ファンタジーTRPG「ナイトウィザード」より、東方王国の王女こと"超公"パール=クールの台詞である。
アニメではセリフが無かったが、ボイスドラマでのC/Vは名塚佳織

ウェブを眺めていたら、東方Projectのキャラ(妖々夢に出てきた気がする。アリス?)に同じセリフをしゃべらせているところがあった。
自分はよく知らないが、性格や設定、セリフ回しが似ていたりするのだろうか。ちょっとした疑問である。

閑話休題。
今回のエントリは、アニメ「ナイトウィザード The ANIMATION」について。
一部の方に評判の写真シリーズ第3弾なども。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2008-01-12 07:04 | ゲーム

--------------------

--------------------
白狐と"神の欠片"の戦士たち

--------------------

蒼き星にまた奇跡が生まれる(挨拶


本日の一言は、現代ファンタジーRPG「アルシャードガイア」より、このゲームを象徴するフレーズの1つ。
各シナリオの予告の最後には、この一言が添えられる場合も多い。

アルシャードガイアに絡めて、ちょっと音楽――幼虫社というインディーズバンドの話でも。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2008-01-11 04:54 | ゲーム

--------------------

--------------------
"皇帝"シャイマールと夜闇の魔法使い

--------------------

だって、これはゲームなんだもの。(挨拶


現在アニメ版が放映中のTRPG「ナイトウィザード」より、大魔王ベール=ゼファー(C/V後藤邑子)の決め台詞。
地球を簡単に滅ぼせる実力を持ちながら、自らの楽しみを忘れない。それが魔王の中の魔王にだけ許される余裕。

12/22現在、アニメは最終話を残すのみ。
というわけで、今回はアニメに絡めてナイトウィザードの話題でも。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2007-12-22 19:49 | 批評&感想

--------------------

--------------------
奈落(アビス)、始めました。

--------------------

ああ……キミを倒す。もうどこにもいないキミのために!(挨拶


TRPG「アルシャードガイアRPG」ルールブックの冒頭コミックより、主人公らしき少年の台詞。
つい数ページ前まで少年は平凡な日常を過ごし、ヒロインとは仲の良いクラスメイト同士だったのに、直前のコマで唐突に「ガイアに選ばれた戦士」に目覚め、「敵」であるヒロインを殺そうとするいう超展開漫画の決め台詞である。

この「敵」を、アルシャードの世界では「奈落」と称する。
そんなわけで、先月半ばに水樹奈々のアルバム「GRATE ACTIVITY」と一緒に衝動買いしてしまったPS2のRPG「テイルズ・オブ・ジ・アビス(TOA)」の話や感想でも。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2007-12-08 07:16 | 批評&感想

--------------------

--------------------
テイルズと水樹奈々と夜闇の魔法使い

--------------------

「"夢見出す者"、貴様に見せてやろう……本当の悪夢というものをな」(挨拶


ナイトウィザード The ANIMATION第6話「悪夢(ナイトメア) ~エリス目覚めず~」より、夢使い・ナイトメアの台詞。
ちなみにC/Vは勇者王檜山修之

10月から始まったナイトウィザードも既に半分を過ぎた。
原作知名度の低さ、放映地域の狭さなどからアニメのファンには全く注目されていないが、それでも意外な高評価に驚きを隠せない。
ナイトウィザード自体はゲーム原作、アニメはオリジナル脚本という構成ではあるのだが、原作ファンの間からもそれほど悪評は聞こえないのである。
普通なら原作無視だの超展開だのという意見を目にするのだろうが、原作(TRPG)が元々パラレルを許容・推奨する特徴ゆえか。

ちなみに、このアニメに関して、以下のコミュニティおよびサイトを管理しているので、興味があればよろしく(宣伝)


More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2007-11-14 08:07 | 日記

--------------------

--------------------
連休日記

--------------------

薔薇の巫女の騎士ガーベラ、お受けいたします。
……これであたしはあなたの騎士として、人として戦えます。
(挨拶

先日発売された「アリアンロッドリプレイ ルージュ」最終巻「ノエルと蒼穹の未来」より、ヒロインであるノエル(C/V力丸乃りこ)達と数度に渡って戦ってきたライバル、ガーベラの台詞。
壮大な物語と、そして収束する感動的な結末……菊池たけし先生の魅力作品が詰まったこのシリーズ。
近い将来、彼の傑作リプレイの1つとして挙げられても何ら不思議ではないだろう。


さて、この連休中(22~24日)のことでも振り返ってみようかと思う。
主だったことといえば、土曜日のプチオフ会くらいでしかないのだが。
話を聞くに、周りではTGSに行ってきたなんて人も多いらしい。
自分は行ったことが無いので、次回以降は検討してみてもいいかもしれない。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2007-09-25 11:08 | 日記

--------------------

--------------------
東京工芸大学TRPG-clubコンベンション'07

--------------------

俺の名は天花寺大悟(てんげいじ だいご)。 ……日本人だ!(挨拶

大陸浪人、天花寺大悟。
まもなく第二次世界大戦を迎える"黄昏の時代"において、己の拳ひとつで未来を切り開いた東方の快男児。
ダブルクロスリプレイ トワイライト」(田中天/F.E.A.R.)シリーズに登場する印象的な台詞の1つである。


残念ながらダブルクロスの卓は用意されていなかったが、先日9/15(土)に神奈川県厚木市で行われたTRPGコンベンションについての話題をば。
これは大学時代に所属していたTRPGサークルが主催する対外イベントであり、活動の成果を発表する場でもある。
まあ、発表の場としてなら学園祭の時にでも力を入れるべきなのであろうが、地理的な問題からか大学敷地内では外部の人が集まりにくいので仕方が無い。(TRPG自体がマイナーな趣味である上に、かつ時間もかかる遊びのため大学関係者だけでは成立が難しい)

コンベンションレポートと言う割には少々時期が遅い気もするが、いつも通りなので気にしない。
当日に参加してくれたお客さんのレポートなどがblogやmixiの日記などに挙がっていたりするので、それを踏まえての記事ということで了承していただきたい。1秒くらいで。

ちなみに自分はOBなのでイベントを手伝う必要は無いのだが、大学から家が近いのもあり、準備段階(テストプレイ)から少しだけ関わっている。
もちろん、一番の理由は「自分も楽しいから」である。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2007-09-19 04:06 | TRPGセッションレポ

--------------------

--------------------
合宿というもの

--------------------

「あたしとアイゼンの一番の得意分野、知ってんだろ?
破壊と粉砕。"鉄槌の騎士"ヴィータと"鉄の伯爵"グラーフアイゼン、砕けねぇ物なんぞ、この世にねぇ」
(挨拶


魔法少女リリカルなのはStrikerS第21話「決戦」より、敵の本拠地に侵入した高町なのはとヴィータが二手に分かれようとするシーン。
ヴィータの消耗を案じて別行動は危険だと反対するなのはに対し、ヴィータが言い放った台詞である。
死亡フラグなんて野暮なことは言っちゃいけない。実際その通りだったが。

そんなわけで今回は合宿の話。
この時期には合宿やら何やらの宿泊系イベントが目白押しである。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2007-09-03 04:43 | 日記

--------------------

--------------------
近況報告

--------------------

「ゲームをしましょう……どう? 悪い話じゃないでしょ」(挨拶

TVアニメの放映も待ち遠しいTRPG「ナイトウィザード」より、"蝿の女王"ベール=ゼファー(C/V後藤邑子)の台詞。
並みの人間なぞ足元にも及ばない圧倒的な力の持ち主でありながら、彼らにも勝機を与えて反応を楽しむ。
裏界帝国の実質No.2にいる彼女だからこそ為せる余裕なのか。


と、季節の挨拶はさておき、近況の報告でも。
とはいえ、特に目立ったことなんてものは殆ど無く、敢えて挙げるとすればTRPG関係を幾つかと、C72くらいか。
C72に関してはもう1週間も前のことではあるが、その辺ご容赦いただきたい。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2007-08-23 13:17 | 日記

--------------------

--------------------
C72予定

--------------------

「それでもアウトレンジショットの達人で、優秀な狙撃手だったって」
「昔はどうあれ、今の俺は六課のヘリパイロットだ。お前が聞いて参考になる話なんぞねぇぞ……だいたいオメェは、余計なことを考えてる場合か? ボケっとしてると、またミスショットで泣くぞ! バカタレが」

「……昔の話さ。そうだろ、ストームレイダー?」
「I Think So.(そうですね)」
(挨拶


魔法少女リリカルなのはStrikerS第16話「その日、機動六課(前編)」より、ヴァイス陸曹の過去が少しだけ明らかになるシーン。
ティアナとの会話の後、ぼそりと呟いたヴァイスの言葉に、ヘリに積まれたAI・ストームレイダーが答えるというものだ。
それまであまり目立ってなかったサブキャラの過去が明らかにされ、その直後に何があったかは推して知るべし。

さて、今週末に控えたコミックマーケット72。
行こうかどうか迷っていたが、せっかくバイトの休みも取れたわけだし、一般参加してみようかなと考えている。
ただ、直射日光の下で何時間も並ぶつもりは毛頭無く、昼ぐらいを目処に到着できればいいかなというところ。

More
[PR]
R.F.D. | # by odprfd | 2007-08-16 10:52 | 日記

--------------------

|