--------------------
◆ 奈落(アビス)、始めました。

--------------------

ああ……キミを倒す。もうどこにもいないキミのために!(挨拶


TRPG「アルシャードガイアRPG」ルールブックの冒頭コミックより、主人公らしき少年の台詞。
つい数ページ前まで少年は平凡な日常を過ごし、ヒロインとは仲の良いクラスメイト同士だったのに、直前のコマで唐突に「ガイアに選ばれた戦士」に目覚め、「敵」であるヒロインを殺そうとするいう超展開漫画の決め台詞である。

この「敵」を、アルシャードの世界では「奈落」と称する。
そんなわけで、先月半ばに水樹奈々のアルバム「GRATE ACTIVITY」と一緒に衝動買いしてしまったPS2のRPG「テイルズ・オブ・ジ・アビス(TOA)」の話や感想でも。





この「テイルズ」シリーズは、ナムコ(バンダイナムコゲームス)を代表するRPG作品群の1つで、この「アビス」は10周年記念という位置付けらしい。
最近DSでシリーズ最新作が出たようだが、とりあえずは見送り。評判が良ければそのうち手を出すかも。
ちなみに自分がプレイしたことがあるのは「ファンタジア」「エターニア」「シンフォニア」の3つ。
一部属性の方々に大人気の「ディスティニー」は残念ながら未プレイである。

マイミクら数人の意見によれば、アビスの面白さはシリーズでもかなり上位のこと。
中には名作・ファンタジアと並ぶくらいの評価をしている人もいるようだ。


で、せっかく買ったゲームを部屋の隅に積んでおくのもどうかと思うので、暇を見つけてプレイ開始
……したのが、およそ20日ほど前のこと。
とはいえPS2を立ち上げる時間はあまり無く、総計プレイ時間は現時点で10時間ちょっとくらい。

進み具合としてはまだ序盤。
オープニングで自分の「家」を出た主人公が、ぐるりと回って再び家に戻ってきたあたりである。
物語の展開はまだまだこれからだ。


やっとストーリーが動き出したばかりなのに感想を……というのも可笑しな話だが、少しだけ。
さらに、何ヶ月か前にシンフォニアをクリアしたばかりなので、多少そちらの印象に引き摺られているかもしれないが、そこはご容赦いただきたい。


まず気になったのは地名。
今回は旧約聖書あたりから借用しているっぽい。

何の捻りも無いのは、マルクト、カイツール、バチカル、ダアトあたり。
前者2つは「生命の樹(セフィロト)」、後者は「邪悪の樹(クリフォト)」の用語である。
そう見ていくと、セントビナー(ビナー)、ケセドニア(ケセド)、グランコクマ(コクマー)あたりも同様か。
キムラスカとエンゲーブはちょっと苦しいが、キムラヌートとゲブラーかなあ?(自信なし)

そういえば劇中に、まんまセフィロトという単語が出てきたので、きっとそのうちクリフォトも出てくるだろう。たぶん。


次に登場人物。
こちらはあまり元ネタとかは分からなかったので、とりあえずの印象などを。

ルーク。主人公。
でも引きこもりでニート。あとツンデレ。
光を意味する名前だ、などと言われていたが、これはラテン語だったと思う。
他にも「光」を意味する名前としては、男性名だとルークス、女性名だとルーシー、ルチアなどがある。
そういえば新約聖書にもルカって人物が出てきた気がする。意識してるのかな。
ちなみにC/Vは我らが中ボス

ガイ。ルークの幼馴染みにして付き人。
装備などがルークと共通っぽい。「魔神剣」などのテイルズシリーズ伝統芸能は彼が覚える模様。
それ以外の印象は今のところ無し。

ヴァン。ルークの剣術の師匠。NPC。
声がギロロ。

ティア。ヒロインらしい。ツンデレ。
分かりやすいツンデレ。お兄ちゃんを見るや、いきなり殺そうとするくらいツンデレ。

ジェイド。大佐。
とりあえず子安自重。

アニス。小悪魔系ロリ。
表の顔を裏の顔を使い分ける魔性の幼女。
どういうユーザ層を狙ったキャラなのかいまいち分からない……ああ、俺か。
人形を操り、敵を「ぼっこぼこにしてやんよ!」なキャラ。

ナタリア。ルークの幼馴染みその2。
まだ仲間になってないので省略。見た感じツンツンお姫様。


テイルズシリーズは操作キャラを主人公以外にも設定できるのが特徴的だが、初回プレイということで、ここは無難な選択を。
もちろん主人公を二軍に落として自分はアニスを操作するのだ。
巨大なぬいぐるみで敵をフルボッコにするのは爽快である。
ただ、イベントなどで絶対にルークを使わなきゃならない場面があると思われるので、少しは慣れておかないとマズそう。


とりあえずはこの辺で。
次はいつになるか分からないが、余裕があればまた感想を書こうと思う。
[PR]
R.F.D. | by odprfd | 2007-12-08 07:16 | 批評&感想

--------------------

<< "皇帝"シ... | テイルズと水樹奈々と夜闇の魔法使い >>