--------------------
◆ BRバトン、これはある男の戦いの記録である。

--------------------

未来? 宇宙? 当然よっ(挨拶)

たまたま見ていたTVアニメ「すもももももも」に登場する早苗(委員長)が無駄にエロ。
衣装がかなりきわどいのは、もはやネタの域に達しているのでスルーできたのだが、修行中のシーンで発せられた喘ぎ声ちっくなボイスには負けた。
ぶっちゃけ中の人って委員長というか某団長だし(ぉ
脳内再生とはなかなか手強い相手である。

そんなわけで、ちょっと前にそいさん(ミクシィ)他数名から手渡された「BRバトン」に答えてみたい。





もともとのBRバトンのレギュレーションは、こうだ。
  • BR法に基づき答えること
  • バトンの内容は公開しないこと
  • バトンの内容はメッセージでやり取りすること
  • 希望者のみに廻すこと
  • 映画と違うと文句言わないこと 笑

しかし、今回はこれを大幅に無視しようと思う。
SNSであるmixiの日記内で回されることが前提で、かつその場では設問を公開しない、いわゆるシークレットバトンであるというのが大きな理由である。
自分はmixiに参加しているがmixiの日記は利用していない。
blogの記事として書く以上、無意味なエントリは残したくないというのが心情だ。
事実、すでにバトンの内容をウェブに広く公開されている方もおられるようだし、自分が問題視されることも少ないだろう。

注・BR法解説(2000年公開の邦画バトルロワイヤルより抜粋)

BR法とは深刻化する学級崩壊、卑劣な少年犯罪の多発に業を煮やした国民の憤懣を解消し、困難を生き抜く強靭な生存能力を備えた青少年の養成、ひいては強い大人の復権を目指して公布された【新世紀教育改革法】の通称である。

全国の中学3年生の中から毎年1クラスを、行動範囲の限られた一般人のいない場所に移送、1人ずつ地図や食料、様々な武器を支給し、最後の1人になるまで殺し合わせる。
制限時間は3日間。

生徒にはルールを破ると爆発する特殊な首輪の装着が義務づけられる。
また期間中の対象者による殺人、傷害、銃器保持などの違法行為は全てその罪を問わないものとする。

自分は映画を見ていないので、こういう説明はありがたい。
まあ、インターネットを使えばすぐにでも情報を入手することは可能なご時世なのだが。


バトンの概要を理解したところで、早速回答に移ろう。
なお、記事中にいくつも登場する「マイミク」とは、mixiにおいて友人登録した参加者のことである。
詳しくは、e-Words等を参照して欲しい。

▼一日目

あなたと他のマイミクさんたちは孤島に連れて来られました。
まずは状況説明から始まるのか。なかなか面白そうなバトンじゃないか。
オーケイ、ゲームマスター。先に進めてくれ。(違う)

Q.01

先生が入ってきました「今日は皆さんに殺し合いをやってもらいます」
さて、この台詞を冷酷に言い放った先生はどのマイミクさん?

色々と候補はあるが、VONさんかな。
こういう格好良い(それでいて憎まれそうな)セリフがよく似合う。

皆さんに武器が配られました

ほうほう、シーンは切れたのかな。
自分が渡された袋には一体何が入っているのだろう……?

Q.02

「うわぁ...俺の武器ハリセンかよ...」
手にしたハリセンを見ながら悲嘆にくれているのはどのマイミクさん?

これは即答、ガルチラさん。
でも彼なら考えられる最凶のトラップを仕掛けてくるに違いない。
油断すると次の瞬間に倒れているのは、自分の身体だ。

Q.03

即効ダッシュで逃げて首輪爆弾が爆発しそうなのはどのマイミクさん?

BOBさん。
でも逃げ出して爆発したのは全て演技で、他の人に死んだと思わせて実は生きている。
ラスボスの2つくらい手前で再会しそう。

Q.04

「俺が死んだら、家に一人残したマルチが悲しむんだ!!」
と突然鎌を持って襲い掛かってきそうなマイミクさんは?
(注・家に残したマルチ=家のPCの中のエロゲのキャラ)

はね~~さん。最近はハンドルに「(9)」(バカ)が付いた模様。
あと、マイミク限定でなければTRPG部後輩の韓国人。

Q.05

「私たちは一緒に行動しようよ...」
と集まってきそうなマイミクさんを四人以上

ここは4人ともTRPG部の後輩から選択。
そいさん、BOBさん、伍長さん、草華蒼宗さん。
でも信用すると後から裏切られそうな気がする。

Q.06

その中で裏切ってマシンガンで皆殺しにしそうなマイミクさんは?

BOBさん。
……って、あれ? さっき首輪爆弾が起動していたような……。
なんで生きて……くっ、貴様………うわぁぁぁぁぁぁぁっっ!!?

Zap!
掃射(範囲攻撃)できる銃火器を持つメンバーは最前列や最後尾に配置してはいけない。
これはトラブルシューターの鉄則だよ、市民。

▼二日目


なんとか1日目は乗り切ったらしい。
しかし、これからは今以上に慎重に行動せねばならない。

Q.07

密かに特殊な機械を作って何とかこの島からの脱出を図ってそうなマイミクさんは?

まずはプロ研から、ひつじ改さん。
次にゴブリン亭の店長こと、WILさん。
どちらも日頃から研究・分析している印象がある。
こんなこともあろうかと、と常日頃から準備を整えているに違いない。

Q.08

実は政府のスパイなマイミクさんは?

いつもニコニコしていて、それでいて打算的なことを考えていそうな人。
つまり、アルさんとりぎょさん。

Q.09

守ってあげたいマイミクさんは?

俺を守ってください、ニックマン。

▼三日目

残り人数もあとわずか

ここでまくれば勝利は……いや、今まで残っているということは相当の熟練……ッ!

Q.10

最強のライバルになりそうなマイミクさんは?
(最後にどういう戦いになりそうか出来れば書いて下さい)

意外なところで黒ずくめ菌さんとか。
自分と同じ場所に同じようなトラップを仕掛けてそう。

Q.11

ぶっちゃけ誰に殺されそう?もしくは殺されてもいい?
(そのシチュエーションも出来れば書いて下さい)

お兄ちゃんと呼んでくれる年下の女の子なら誰でもいいです、もう。

Q.12

何だかんだ言って最後に生き残りそうなマイミクさんは?
(出来ればその生き残った理由・方法も)

同期でTRPG部で一緒だったHellestiaさん。
特に明確な理由があるわけではないが、敢えて挙げるならそのオーラか。

Q.13

実は反政府組織の一員で最後に脱出の方法を教えてくれそうなマイミクさんは?

N/Dさん。
実は、というか思い切りどこかのエージェントっぽい。リアルで。



といったところで、BRバトンも終了である。
あなたは無事にクライマックスフェイズまで生き残ることが出来ただろうか? そして末路は?
どういう戦いを経験したのか、もし都合が良ければ答えて欲しい。
[PR]
R.F.D. | by odprfd | 2006-12-01 05:49 | バトン&占い

--------------------

<< DX2における行為判定のシミュ... | TRPG雑記 >>