--------------------
◆ 魔界戦記ディスガイア2の話

--------------------

ディスガイア2、始めました。2周目だけど。

相変わらずシナリオ自体の短さは何とも(笑)
それでもクリアするのに50時間くらいかかったのは秘密。

1周目では、第9話(だったかな?)の終わりになる仲間を主戦力として戦ってせいで、
現在(2周目の序盤)は平均レベルが極端に下がってしまっているというオチ付き。
レベルアップに適したステージもまだ出てこないし……。
えとな、かむばーっく!(涙)


まあ、ネタバレにならない程度に感想を。


まず、伏線の使い方が上手いと思った。
実際のところ、物語の伏線を貼るというのはとても難しいことなのである。
受け手(この場合はプレイヤー)を驚かせ、かつ納得させるものでなければならない。
「そうか! だからあのとき○○だったんだ!」と言わせるのが目的とも言える。

伏線で最も大変なのは受け手への印象付けではないだろうか?
伏線は伏線であると気付いてもらえなければ意味が無い。
印象が薄すぎるとプレイヤーは伏線自体を覚えていなかったりする。
かと言っても、あからさまな演出をすれば、勘の良いプレイヤーは途中で気付いてしまうだろう。
これでは驚きも半減だ。

ディスガイア2において、最大の伏線はオープニングである。
ゲームをクリアした方なら、同意してくれるのではないだろうか?


次に、ストーリーの一貫性も悪くない。
前作では、主人公……とは言わなくても、「濃い」キャラクターが多かった。
具体的に言えば、ビューティー男爵中ボスとかゴードンとかカーチスとか。
それはそれで楽しいのだが、あまりストーリーがまとまっていなかったと思う。
前半と後半(最終話を除く)でシナリオの雰囲気が異なり、まるで別の物語を見ているようだった。

それに比べ、「2」のシナリオのキーとなる人物は主人公とヒロインのみ。
もちろん、それ以外のエピソードも組み込まれてはいるが、あくまでもサイドストーリーという形である。
主人公とヒロインの関係の変化が分かりやすく、見ている方も気持ち良い。

というか最後までツンを貫くロザリン萌え。
最近の作品でツンデレはよく見るが、割と早い段階に完全デレに移行してしまうような気がする。
デレに移行しつつ、プライドなどがそれを拒む……という状況が美味しいのに。


そして最後に。
ラハール殿下の噛ませ犬っぷりが最高。
[PR]
R.F.D. | by odprfd | 2006-03-01 17:57 | 批評&感想

--------------------

<< デスマーチ(死の3月)日記 | バレンタインと手作りチョコレー... >>