--------------------
◆ セッションマネジメントシステム

--------------------

よろずサークルODプロジェクトが運営するTRPG関連区画「天翔けるゴブリン亭」「白い夜明け亭」
自分にとっては大切なTRPGセッション仲間が集う場所であると同時に、拙作OD TOOL for TRPGを始めとしたTRPG関連ツールの開発&運用テスト場所でもあったりする。


今回注目したのは、セッションのメンバー募集についてだ。
普通のオフラインセッションであれば、直接会った時や電話などでメンバーを募ることも珍しくない。
だが、世の中には特定の拠点を持たないサークル(学校のサークルなどで無ければ大概がそうだろう)もあるし、現実の場所を問わないオンラインセッション専門のサークルだってある。
こういった場合、やはり便利なのはインターネットを利用するという方法だろう。

インターネット、特にウェブでの募集方法で代表的なものは、既存のBBSを利用した卓告知か。
他にも、スケジューラCGIや、XOOPSのようなコミュニティサイト構築ツールを使った方法などが考えられる。

以下にBBSを利用したセッション募集の流れの例を挙げる。
  1. ゲームマスター(GM)がセッションの日付や募集要項を投稿
    セッションの告知と募集。
    使用するシステムやシナリオの傾向、あらすじ(予告)等も一緒に提示される。
  2. プレイヤー参加希望者が返信
    希望するプレイヤーキャラクターや立ち位置などがあれば併記を求められる場合も。
  3. GMが募集を締め切り
    応募したプレイヤーの人数が過多であれば当選メンバーも発表する。
  4. 連絡事項などがあればやりとり
    掲示板を使用せず、メールやチャットで質問や連絡をすることも多い。
  5. 実際にTRPGセッションを行う
  6. GMが終了報告や感想を投稿する
    スレッド式掲示板であれば新規スレッドを立てたり、セッション告知用とは別のBBSが用意されている場合も。
  7. プレイヤーが感想などを述べる
    キャンペーン型(続き物)のセッションである場合にはキャラクターの成長報告なども添える



ここで一つ、自分が妄想していることがある。
各BBSやスケジューラ、ファイルアップローダなどを1つにまとめた統合的なツールの開発だ。

セッションマネジメントの概要を図に示してみる。
PukiWikiをシステムの中心に据え、プラグインによりセッション告知データ、セッション履歴各種データを吐き出す。
なお、これらのデータはXMLを用いるとするが、これはXMLなら他のアプリケーションとの連携が比較的簡単なので、PukiWiki外部にあるツールへデータを渡すことも実現可能ということからだ。

TRPG-SNF(セッション告知フォーマット)については以下のページを参考。
http://odproject.net/ill/pukiwiki/pukiwiki.php?TRPG%BB%D9%B1%E7%A5%C4%A1%BC%A5%EB%2FSessionNoticeFormat

また、フォーマットを公開することで、他の誰かがこのXMLに対応したソフトウェアを作ってくれないだろうか、もしくは既存のツールが対応してくれないだろうか、という期待も少々あったりする。


昨日、白い夜明け亭スタッフの協力を得て、ユーザによるセッション情報入力の実験を行った。
その結果、気になったことを幾つか。

  • データ入力に手間がかかる
  • 入力項目の取捨選択、フォームの改善が必須
  • 新規入登録は出来るが編集できない
  • XMLとして吐き出そうとすると困難


とまあ、課題がどっさり。
先は長いが、協力者を募りたいところだ。
[PR]
R.F.D. | by odprfd | 2005-12-19 17:52 | TRPG支援ツール

--------------------

<< ナイトウィザード第6期 ロスト... | アリアンロッド社長。ぷいにゅー。 >>