--------------------
◆ 番長学園!!プレイリポート

--------------------

先日、サークルで「番長学園!!RPG」にプレイヤーとして参加してきた。
人数は自分を含めて5人。軽く紹介しておこうと思う。

  • GM・本厚木氏
    今回のゲームマスター。
    神奈川県のとある私鉄の駅名をハンドルに持つ男。
    いや、正確にはハンドルではないという噂も聞くが、サークルの仲間からは本厚木と呼ばれている。
    別に本厚木駅の近くに住んでいるわけでもないらしい。
    ちなみに天羅万象はやったことがないのに、ときめき天羅学園は経験あるそうな。
    謎だ。
  • ADIN氏
    韓国からやってきた、その辺の日本人より日本の漫画やアニメに詳しい男。
    NW!キャンペーンの再放送では吸血鬼氏を演じているが、その時から番長学園!!をプレイさせたら凄いことになりそうだなと予感していた。
    そしてそれは確信へと変わる。
    最近、初めて納豆を食べたらしい。
  • りぎょ
    優しそうな眼をした男。エプロンがよく似合う。マイミク登録させてもらってたりもする。
    最後に彼と一緒に卓を囲んだのは、一体いつだったろう。とにかく久しぶりだ。
    先日、鎌倉の武器屋でヴァルキリー・ウォー・アックスを購入した模様。
    意外と武闘派なのかもしれぬ。
  • T氏(ハンドル失念、申し訳ない)
    鉄ちゃん(鉄道マニア)な男。
    今回のセッションでも、彼はそのマニアックぶりを発揮してくれた。
    今まで卓を囲んだことが無かったので、そのプレイスタイルは未知数である。


5人のうち、GMと自分を除いた3人が番長学園!!RPG初体験らしい。
ということは、自分もちゃんと世界やルールを把握しているわけではないが、ある程度は他のプレイヤーのサポートもしなければならないのだろう。

簡単な世界設定と推奨プレイスタイルの説明を終えたのち、昼食購入およびネタ探しのため最寄のコンビニへ。番長学園!!は覚えるべきルールが少なく、キャラクターメイキングのルールこそ少ないが、その分、各々のネタ出し個性が極めて重要となる。
友人の神崎亮氏曰く、「豊富な商品が所狭しと並ぶコンビニはネタの宝庫」とのことらしい。


かくして、4人の番長(プレイヤーキャラクター)が誕生した。

“出口番長”
本名:出口 歩蜩(でぐち・あるかな)
能力:パワー / スピード / 出る / 入る
必殺技:(名称失念、マッピーのようにドアを開けたパワーで敵を倒す技)
PL:ADIN 氏
緑の全身タイツを着ている生物。非常口のアレ。
“ケンタくん”
本名:大東 建太(だいとう・けんた)
能力:パワー / スピード / 建築 / 表札
必殺技:「3LDKオール電化」
PL:りぎょ 氏
大○建託に務める大工さん……だと思う。バイトかもしれない。たぶん。
“番長ロマンスカー”
本名:薬袋 東海(みない・あずみ)
能力:美形 / パワー / 特急 / 直流1500ボルト
必殺技:「人を轢くならフルノッチ」
PL:T 氏
小田急線を走る、特急ロマンスカーの能力を持つ。あの独特なアナウンスは健在だ。
“洗剤天使(ホワイトエンジェル)アリエール”
本名:比安堂寺 有恵流(ぴーあんどじ・ありえる)
能力:浄化 / パワー / バカ / 天使の輪
必殺技:「驚きの白さ!」
PL:自分
今回のヒロイン能力者。イオン・パワー・ジェルで豪巌派を浄化する。

そんなこんなでプレイ開始。

場面はガタンゴトンと揺れる電車の中。
とうに日も落ち、仕事帰りのサラリーマンがチラホラと乗り合わせている。
そんな中、部活帰りだろうか、1人の女子生徒が椅子に座っていた。
(ちなみに披露院菜之さんではない)

そこに泉谷し○る似の中年男性が登場。
赤ら顔で、足元もおぼつかない。泥酔していることは火を見るよりも明らかだ。
男は周りの乗客を睨みつけながら、女子生徒の前にやってくる。
そして、彼女が嫌そうな素振りをするのも気にせずに、セクハラまがいに絡み始めた。

ていうか、まんま電車男のオープニングである。
たぶんTVドラマ版の。

そう、ここで女子生徒を酔っ払いの魔の手から助けた者が、この物語の主人公となる!
……はずだった。

番長ロマンスカー 「(独特のアナウンスで)車内での~そのような行為は~おやめくださ~い」

電車男ならぬ電車女登場。
マイクを口元へ斜めに当ててしゃべりながら、泉○しげる似の男を強制排除する。

女子生徒 「強いんですねっ! ありがとうございましたっ!」
女子生徒は瞳を輝かせながら、その様子を見つめていた。


次の日。
思わぬフラグを立ててしまった番長ロマンスカーは、昨日助けた女子生徒の行動に辟易していた。
例えば、いつものように放送室で校内放送を流していると女子生徒が乱入する。
例えば、帰り支度を整えていると、「一緒に帰りましょう」と迎えに来る。
恋する乙女のパワーは、番長能力のそれを上回るものらしい。
圧倒的な小宇宙(コスモ)に押され、一緒に帰宅することになってしまったようだ。

洗剤天使アリエール 「ふ、不潔なのですっ! 高校生らしく清い交際をしてくださいです!」

そんな2人の仲を快く思わぬ者がいた。
洗剤天使アリエールは、女子生徒のクラスメイトでもあることを利用し、半ば強引に間へ割って入る。
女子生徒にジロリと睨まれるも、仕方がない。
いい加減PCが合流しないとシナリオが進まないのだ!

番長ロマンスカー 「それでは~まもなく参りますので~校門の内側でお待ちくださ~い」



さてさて、カメラはデートのシーンを映し出す。
途中、何故かチンピラ風の男たちに囲まれるという、ささやかなハプニングに出会ったりもした。
とはいえ、所詮は一般人。番長能力者相手に敵う筈がない。

チンピラ 「ひ、ヒィィィィッッ!」

あっさり突き飛ばされ、シーンアウトするチンピラたち。

ADIN(突然)くっくっくっ……よくやった、お前たち。(一同爆笑)」

唐突に、ブラックな笑みを浮かべながら、悪党どもの親玉を演出しだすADIN氏。

出口番長(ADIN氏) 「(自分のキャラに戻って)みんな、大丈夫か!?」

正義の味方になったり、悪い人になったりと中の人も大変である。
そんなネタばっかりの人生でいいのだろうか。

軽い運動を終えた出口番長のもとに、離れて見ていた女子生徒が駆け寄ってくる。

女子生徒ありがとう、お兄ちゃんっ!

何その唐突な妹属性。
しかも出口番長の妹としてである。はっきり言って脈絡が無い。
それを平然とマスタリングしてのけるとは、本厚木氏は意外と侮れない存在かもしれない。


さて、2人は近くにあった喫茶店で休憩をすることになった。
窓際のテーブルに向かい合って座る女子生徒と番長ロマンスカー。
女の子同士でなければ、おそらく端から見ればカップルのように見えたことだろう。

隣の席で両者をじーーーっと監視する洗剤天使アリエール。
その後方で、妹を優しく見守る兄・出口番長。
そして、その様子を窓の外から、とび職の如く建築の足場に上りながらこちらを凝視するケンタくん。

沈黙と微妙な緊張感が辺りを包む。
やがてウェイトレスが注文の品をテーブルまで運んでくることになるのだが、事件はその時起こった。

女子生徒 「……あっ……」

女子生徒の身体に、深々と突き刺さる1振りの短剣。
鮮やかな赤色が彼女の制服を一瞬で染めた。
……どさり。
背後から突然現れた1人の男が、その場に倒れる女子生徒を抱きかかえる。
その手には、彼女を傷つけた短剣を握ったまま。

出口番長 「貴様ッ! 妹に何てことを……っ!」

出口番長が、兄としての使命感に燃える。
しかし、PCたちの努力むなしく男は女子生徒を連れ去ってしまう。
最後に、「連れ戻したくば東北に来い」とだけ残して。


東北。
それは女子生徒の実家がある場所だった。
となると、彼女を連れ去ったのは……!?
いや、そんなことを考えている余裕は無い。
今やるべきことは彼女を救い出すこと。それだけだ。

番長ロマンスカー 「助ける義理は無いけれど、あの男は大嫌いよ」
洗剤天使アリエール 「早く制服を洗わないと、染みになってしまうのですっ!」

出口番長がおもむろに、喫茶店のドアを開け放つ。
その扉の奥に見えるのは外の景色ではなく、上野駅のホーム。
彼の番長能力にかかれば、離れた2つの場所を繋ぐことなど造作も無いのだ。
そして上野駅からは、東北方面へ「北斗星」という夜行列車が出ているのだという。
4人は決意を胸に車両へと乗り込む。

番長ロマンスカー 「発車、いたします!」
一同 「おおーっ!」



というわけで現地到着。
彼らを迎えたのは、森の中にそびえる巨大な洋館であった。
巨大な門をくぐり抜け、重い鉄扉を開けて建物の中へ侵入する。
予想通り巨大な玄関ホールには、一面に真っ赤な絨毯が広がっていた。
そして彼らを出迎えたのは1人のメカドリルメイド。
GM氏の趣味だろうか?

メカドリルメイド 「排除、シマス」
有無を言わせず、一行に攻撃を仕掛けてくるメカドリルメイド。

出口番長 「背後から(どこでもドアのように)現れて殴ります」
番長ロマンスカー 「ドア、開きま~す。ご注意ください」

メカドリルメイド 「ドリル! ギュイィィィン! ドカッ!」
洗剤天使アリエール 「相手のドリルの回転を利用して、巨大な洗濯機のように相手の身も心も浄化するです!」

ケンタくん 「必殺・『3LDKオール電化』! 住宅模型がメイドさんを押し潰します」


かなりの強敵だったものの、必殺技や番長力を駆使し撃破に成功。
しかし戦いによって何かの友情に目覚めたのか、ここで洗剤天使アリエールは倒れたメカドリルメイドを抱きしめる。

洗剤天使アリエール 「貴方の心は白く浄化されたです! さあ、あたしが洗濯の心を教えてあげるのですっ!」

番長学園!!RPGの特徴的なルールの1つ、「行方不明宣言」。
2人はこの場から退場する。

洗剤天使アリエール 「後から必ず追いつくです! だから皆さん先に行っててなのです!」



3人は再度気を引き締めて、慎重に屋敷の奥へ。
そして幾つ目かに入った部屋。
革張りの椅子に腰掛けた1人の壮年男性の姿があった。

壮年男性 「客人かね? メイドが出迎えたと思うが」

くるりと振り返り、こちらを値踏みするかのような視線を投げかけてくる。
目を細めたまま、男性は語りだした。
どうやら、目の前にいる彼が女子生徒の父親であるらしい。
そして非道なことに、娘を何らかの実験台として使うつもりだったとのこと。
彼女を助けたいと思うなら、誰かが身代わりとなって実験に協力して欲しいと申し出る。

確かに、ここで実験に協力すれば女子生徒を助けることはできるだろう。
しかし、娘を実験台に使ってしまうような悪魔に、正義のヒーローが手を貸すわけにはいかないのだ!
交渉決裂である。


そして再び戦闘へ。
先のメカドリルメイドも強敵だったが、壮年男性はそれ以上の力を持っていた。
苦戦する番長たち。
ただでさえ3人しかいないというのに。
1人、また1人と力尽き、崩れ落ちていく。

壮年男性 「まだ続けるつもりかね? 息子よ」
出口番長 「父さん! 俺は貴方が嫌いだ。だから家を出て、母さんの姓を名乗ったんだ!」

熱いセリフと想いを込めて、必殺の一撃を撃ち込む出口番長こと緑色の生物。

壮年男性 「流石だ、我が息子よ。だが……!」

パワードアを正面から喰らうも、父親はそれを易々と片手で受けとめる。
自分の最強の技を弾かれ、一気に気が抜けてしまったのか、その場に片ひざをついてしまった。

壮年男性 「……これで仕舞だ」

父親自ら出口番長の息の根を止めんと、腕を振り上げた時である!

ギュイイィィィィン! ガガガガガガガッ!

ドリルのような音がしたかと思うと、突然すぐ横の壁が崩れ、土煙が視界を覆う。
壮年男性は驚いたように、壁に開いた穴のほうへ振り返ると……


チャラッチャチャラララランッ! 番長学園ッ!
(CMのアイキャッチ)


……。

只今CM中につき、しばらくお待ちください。
GMはトイレ休憩に入ったので全員に番長力が10点入る。

……。

というわけでCM明け。
(ちなみにCMから復帰する時のアイキャッチは、何故かレイクエンジェルやモジモジくんの如く番長学園!!の文字を作る出口番長のポージングであった)


そう!
壁から現れたのは洗剤天使アリエールと、身も心も服装までも真っ白になったメカドリルメイドの姿!
行方不明宣言をした者は、一定のコストを支払うことで任意のタイミングで登場することができるのだ。

洗剤天使アリエールは、ここで祈り必殺技「驚きの白さ!」を発動させる。
メカドリルメイドとの見事な連携は、番長たちに染み付いた汚れや怪我を的確に洗い落とした。

ケンタくん 「柔らかい……柔軟剤、使ったのか?」
洗剤天使アリエール 「いいえ、洗剤だけなのです!」


仲間の祈りによって立ち上がる番長たち。
一気に形勢逆転である。

GMファイナルブロー、OK!

4人は互いに目を合わせて頷くと、タイミングを合わせてそれぞれの技を放った!
まずはケンタくんが、その場に基礎を作り、無限に伸びるレールを敷く。
次に洗剤天使アリエールが、イオン・パワー・ジェルでしつこい汚れをセパレート。
そして番長ロマンスカーがフルノッチで壮年男性を空高く突き飛ばした。
最後に、出口番長がその能力でドラゴンボールのように先回りし、父親を地面に叩きつける!


番長たちの手によって、また一つ日本から悪が消えた。
それと同時に、主を失った洋館が崩壊を始める!

出口番長 「みんな、この非常口から外に逃げるんだ!」

屋敷の外へと続く非常口を作り出す出口番長。
3人の仲間と、壮年男性を抱きかかえたドリルメカメイドを送り出すと、そっとそのドアを閉めた。

出口番長 「俺にはまだやらないといけないことがある…」

出口番長は、崩壊する屋敷の更に奥へと潜っていく。
まだ建物の中にいるだろう妹を助け出すために。


洋館の地下に彼女はいた。
手術台のようなところに寝かされ、手足は金属のベルトで固定されている。
薬でも投与されたのだろうか、ずっと目を閉じたままだ。
散らばる瓦礫や柱をのけながら、女子生徒のもとに近づこうとする出口番長。

ガラガラガラッ!

地上への階段が塞がれ、火の手が辺りを包む。
兄は妹を担ぎ上げるものの、既に退路は立たれている状態ではどうしようもない。
万事休すとはこのことだ。

ガタンガタン! ゴォォォォーーーーーーーーーッ!

そこに部屋をぶち抜いて現れるロマンスカー。
2人の目の前で、扉がプシューッと音を立てて開く。

番長ロマンスカー 「早く乗りなさい!」

鋼鉄製のボディが、3人を乗せて燃え上がる洋館から飛び立った。


やがて画面はセピア色になり、エンディングロールが流れ始める。

とある格闘技の試合会場。
リングの上にいるのは出口番長と、その対戦相手らしき人物。
出口番長がコーナーぎりぎりにまで圧され、誰が見ても不利な状況だ。
観客席から、彼の妹が声援を送る。
すると彼はそれに答えるかのように、一気に相手を制圧し逆転した。
レフェリーが彼の片手を高く掲げ、勝利宣言をするとワッと会場が盛り上がる。

カメラはその観客席の奥を映し出した。
そこには1人の年老いた男性と、付き添うメイド姿の女性。
男性は口元に笑みを浮かべると、何事も無かったかのように会場を後にした。


fin.
[PR]
R.F.D. | by odprfd | 2005-10-16 13:09 | TRPGセッションレポ

--------------------

<< バイト初仕事。 | バトン? >>