--------------------
◆ OD TOOL for TRPG ver 10/08/31

--------------------

俺、類人猿が大嫌いなんです。(挨拶


冒頭の一言は「現代忍術バトルRPG シノビガミ-忍神-より、リプレイ「シノビガミ戦」文中の一言。
少なくとも読者にとっては唐突に、何の脈絡も無く発せられた謎の台詞である。

さて、およそ1ヶ月半ぶりに「OD TOOL for TRPG」を更新したので、その報告でも。
不具合修正がメインのはずが、気付いたら更新箇所の数だけは多くなってしまった。







OD TOOL for TRPG の 2010/08/31版の変更点は以下の通り。

  1. テーブル参照、キャラクター作成補助機能などの引数処理を変更
    #MAKEコマンドや#TABLEコマンドの内部処理の変更。
    Boost C++ ライブラリを導入し、引数解釈に正規表現(boost:regex)を使えるように。
    これによりソースコードが少しすっきりした。デメリットとして処理自体がやや重くなってしまったが、致命的では無いと思われる。

  2. SW2 レーティング表の不具合(キーナンバー51~60の数値ミス)を修正
    ソードワールド2.0で使うレーティング表の、キーナンバー51~60に数値ミスがあったので、これを正しい値に変更。
    Twitterで報告を受け、修正。

  3. シノビガミ 奥義表を「追加忍法」に対応。
    「シノビガミ弐」に対応。

  4. シノビガミ シーン表(8種)、ファンブル表、変調表、戦場表、感情表を追加。
    シノビガミの各種チャート類を搭載。シーン表に関してはサプリやリプレイに掲載されたものも実装してみた。
    こっそりと「ボーンズ&カーズ」風の引数も用意。

  5. シノビガミ キャラクター作成補助機能を「一般人」に対応。
    「シノビガミ弐」に対応。ただし忍者キャラに比べると出力されるデータが圧倒的に少ない。
    汚いなさすが忍者きたないとはこういうことか。

  6. 宝貝使い ダイスを追加。
    夏コミで購入した、「ぱがね」さん製作の同人TRPG「宝貝使い」に対応。

  7. セッションカウンタを別チャンネルから変更できるように。
    セッションカウンタ機能はチャンネル(部屋)ごとにユニークな値を管理している。
    そのため、カウンタを設定するには該当チャンネル上でコマンドを実行しなければならならなかったが、他のチャンネル(プライベートチャンネルを含む)からでも値を変更することが出来るようになった。
    今回の修正で、例えばシノビガミのプロット設定のような、該当チャンネルの他ユーザに知られずにカウンタをセットすることが可能となる。

  8. 日本語で呼び出せるコマンドを少し追加。
    適切なゲームモードが設定されているとき、各種テーブルが日本語コマンドで呼び出せるようになる機能。
    この呼び出し可能なコマンドを若干追加した。

  9. イースターエッグを1つ追加。
    ヒントは天下繚乱。



他にも更新しようと思っていた項目はあるのだが、予想外に数が多くなってしまったので今回は見送りとした。
[PR]
R.F.D. | by odprfd | 2010-08-31 21:21 | TRPG支援ツール

--------------------

<< OD TOOL for TRP... | 柊蓮司を釣ってみた。 >>